auスマホ月額が半額以下になった!

格安SIM(シム)とは何か?

格安SIM(シム)とは何か?

格安SIM(シム)とは、月額1000円以下で使えるものもある月額料金の安いSIM(シム)カードのことです!

最近なにかとスマホの料金を見直すことで、今までの半額以下にもなると言われていますね。そこでよく目にするのが格安SIM。
そもそも格安SIM(シム)って何なの?と疑問を感じている方にご説明します。

まずSiM(シム)カードの説明をします。
SiM(シム)カードとは、スマホやガラケー(フィーチャーフォン)で通信機能を利用するためのICカードのことです。
このSiM(シム)カードがあることで、スマホもガラケー(フィーチャーフォン)も電話やデータ通信としての機能を得ることが出来ています。スマホもガラケー(フィーチャーフォン)もSiMカードがなければ単に時計やカメラといった付属した機能が使えるだけのものになるだけなのです。
スマホやガラケー(フィーチャーフォン)で通信機能を得るために必要なICカードのことをSiMカードというのです。
このSiM(シム)カードには電話番号や個人情報などが記録されているのです。

ではそのSiM(シム)カードのことを最近よく目にする格安SIM(シム)と言っているは何?となります。
ちなみに格安SIM(シム)とは格安SIM(シム)カードの略です。

SiM(シム)カードは通常、各携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンクなど)でスマホやガラケー(フィーチャーフォン)を購入すると、SiM(シム)カードが付いてきます。通信機能をするためなので当然ですよね。
そのSIM(シム)カードには契約した携帯会社以外で使えないようにロックがかかっています。
例えば、ドコモで新しくスマホやガラケー(フィーチャーフォン)を契約して、そのスマホやガラケー(フィーチャーフォン)に挿してあるSiM(シム)カードを、auのスマホやガラケー(フィーチャーフォン)に挿したとしても通信機能を使用することが出来ないようにしてあるのです。
なぜ、SiM(シム)カードにロックが掛かっているのか、というと、ロックを掛けることで契約した人を他の携帯会社に移行させるのを防ぐためなのです。他の携帯会社に移行することを防ぐことで、長期的に通信料を得ることが出来き多額の利益を得られるからです。
毎月6000~8000円の通信料を何百万人から得ることが出来れば大きな収益に繋がりますよね。それを得るためにスマホやガラケー(フィーチャーフォン)といった端末の代金を0円などといった売り方をして、2年縛りすることで長期的な収入を見込めることに繋がっているわけです。

しかし、利用者からしたら他の携帯会社に乗り換えようとしたとき、今使っている端末(スマホやガラケー(フィーチャーフォン)が乗り換え先の携帯会社で使えなくなるのですから、また端末(スマホやガラケー(フィーチャーフォン)
)を買わなくてはならなくなります。そうなると乗り換えをするのを止めたり、めんどくさくなって乗り換えをしなくなり、結局今のままになることが多くなるわけです。結果、各携帯会社でのサービス競争が起こりにくくなる。そこで起こったのが過激なまでのキャッシュバックなどのサービスなのですが、これが長期利用者から不満が出てきて総務省などで問題視されてしまっているわけです。
なぜ長期利用者から不満が出たのか、というと端末0円といった過激なサービスの元となる端末代が長期利用者からの通信料でまかなっているからなのです。
そういった利用者の不満や利用者の流動性が下がりサービス競争が起きにくくなる現状と、毎月毎月の携帯料金の高さが家計を圧迫している、ということで、2015年5月にSiMロックの解除が義務化されたのです。

そこで注目を集めたのが、格安SIM(シム)となります!(やっとここから格安SIMの話になります)

格安SIM(シム)とは、各携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンクなど)が持っている通信システムを借りて、通信サービスを行う会社が販売しているSiM(シム)カードのことです。そのSiM(シム)カードを使っての月々の料金が、大手携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンクなど)の月額よりも安いことで格安SiM(シム)と言われています。

大手の携帯会社(ドコモ、au、ソフトバンクなど)の通信システムを借りているので、通信システムを作る設備費などがかからないため、月々の料金が格安で提供できるということなのです。

主にドコモ(docomo)の通信網が多いのですが、auの格安SiM(シム)を取り扱っている通信会社もあります(ちなみにソフトバンクは今のところありません。2015年11月現在)。

auですと2社のみとなります。
マイネオさんとUQモバイルさんがauの格安SiM(シム)を扱っています。
この2社どちらがいいかは個人の月額プランによりますが、わたしはUQモバイルにしました。
その理由はこちらから